洗車を念入りに

車の査定を受けるのであればその前に、洗車を念入りにし、車内もきれいに掃除しておきましょう。買取業者の査定員がたとえ海千山千であってもやはり人間なので、一目で手入れされてないとわかる汚い車よりはきれいに洗われた車に良い点数をつけたくなるというものです。

 

そういうことだけでなく、車を洗っていない場合、小さな傷などの有無を確認するのが難しく、そのため安く査定されてしまうかもしれません。それと車を洗う際、タイヤまわりなども汚れを落としておきましょう。車検切れの車は査定を申し込めるかどうかですが査定を受けること自体に支障はないのですが、車検を通っていない車は公道走行不可ですから、査定を受けるには出張査定しかありません。

 

お金をかけて車検を通し、それから売ることを考えるより、いっそ車検は切らしたままで売りに出す方が得になるので、きっぱり出張査定を受けてしまうのが良いです。もちろんこういう出張査定も一社からではなく複数のところから受けておくと少し面倒に思うかもしれませんがメリットは大きいです。買取業者に車の査定を出す時に、簡単なのでそうしたくなりますが一つの会社だけに任せてしまってはいけません。

 

どうしてかというともしその業者ではない別の所を使っていたら高く売れていた可能性が高いと推測されるからです。最近ではインターネット上で簡単にいくつかの中古車買取業者から同時に見積もりを出してもらってざっと比較検討ができます。少々手間はかかるでしょうが、いろいろな業者にそれぞれ査定をしてもらうと査定額を増やせるでしょうから最終的に満足できるでしょう。

 

繰り返し車査定の相場を調べるのは億劫かもしれませんが、調べておくなら損はありません。むしろ、車をより高く売りたいのであれば、愛車の相場を把握していた方が得です。その理由は、相場を理解しておくことで、買取業者が提示した査定額が適格なのかどうか判定できるからです。どんなケースでも車の査定は走った距離が短いほど高い査定額となります。走行した距離が多い方が車が劣化するからです。

 

とは言っても、走行した距離のメーターをいじって改ざんするとサギとなるので、走行した分は諦めるしかありません。今後は車を売りに出すときの事を考え、余計な距離を走らない方が良いでしょう。