車査定と下取りを比較

車査定と下取りを比較したとき、下取りのほうが勝っていると考えておられる方も少なくはないでしょう。確かに、下取りであれば買おうとする車を愛車の下取りで購入額から値引きをできますし、買取手続きも購入手続きも一括で行えるので、手軽です。

 

 

しかし、シンプルに売却価格だけを考えると、車査定の方が高額になります。中古車市場での車査定はその車種の人気に大きく左右されるので、人気の高い車であればあるほど高い値段で売却できます。なおかつ、プラスの部分を次々と加点していく査定法を取り入れているところも多く、高い価格で売ることができる見込みが高いです。そうしたことで、下取りよりも車査定で売却したほうが得だといえます。大切な車を高く手放すのが希望であれば、下取りではなく買取を選択しましょう。買取の方がより得することが多いです。

 

それに、事故車や故障車を売りたいと思う時は、下取りの場合評価が低いため、プラスどころか、廃車費用の請求をうけることもあるでしょう。ですが、買取をしてもらうなら専門業者を選択すれば、ストレートに買取してもらうことができます。車買取では問題が発生することも多く、インターネット上の査定の価格が大幅に異なるというのはもう驚くほどのことではないでしょう。買取が決定した後に些細な理由を見つけ出して買取額を低く修正されることも珍しくないです。車の引き渡しが済んだのにお金が振り込まれない事例もあります。

 

高い査定金額を期待させる質の悪い業者には気を付けるようにしましょう。インターネットを使って中古車買取業者に査定をしてもらおうとすると、必要な入力項目に電話番号などの個人情報が含まれるケースがとても多いのが現状です。